当協議会について

社会福祉一般

質の高い支援と経営の透明化へ向けて

質の高い支援と経営の透明化へ向けて

福祉サービスの第三者評価 受け方・活かし方【障害者・児福祉サービス版】 久木元司/著

福祉サービスの第三者評価 受け方・活かし方【障害者・児福祉サービス版】 社会福祉一般

久木元司 著 坂口繁治 著 大塚晃 著 他 著

体裁:A4 202頁 ISBN978-4-7935-1235-3発行年月:2017年02月  価格:1,728円(本体:1,600円)在庫:在庫有り

「福祉サービス第三者評価基準ガイドライン(障害者・児福祉サービス版)」の改定を踏まえ、ガイドラインの内容について解説するとともに、受審に向けての準備・体制づくり、自己評価の実施、第三者評価の活用方法等、障害者・児への支援の質の向上に第三者評価を生かすための手引きとして作成しました。

第1章 障害者・児支援の質の向上に活かす第三者評価

  1.第三者評価受審の意義-障害者・児を支援する福祉施設・事業所における第三者評価

  2.第三者評価の目的と仕組み

第2章 第三者評価受審の前に

 1.受審に向けた準備と福祉施設・事業所の体制づくり

 2.自己評価のすすめ(1)自己評価の実施方法

   3.自己評価のすすめ(2)自己評価の実際

 第3章 障害者・児福祉サービス版評価基準ガイドラインを読む

 1.障害者・児福祉サービス版評価基準ガイドラインと障害者・児の支援

   2.障害者・児福祉サービス版共通評価基準ガイドライン

 3.障害者・児福祉サービス版内容評価基準ガイドライン

第4章 第三者評価の活用方法

  1.第三者評価結果の実際

  2.第三者評価の公表と活用

 参考資料

  1.障害者・児福祉サービス版自己評価シート【共通評価基準】

  2.障害者・児福祉サービス版自己評価シート【内容評価基準】

  3.厚生労働省社会・援護局長・厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部長通知

   「障害福祉サービス事業所等における第三者評価の実施について」

   (平成29年2月2日付障発0202第3号・社援発0202第6号)

 

ひとりぽっちをつくらない

ひとりぽっち

「制度の狭間」の課題に取り組む、コミュニティソーシャルワーカーの教科書

ひとりぽっちをつくらない 勝部麗子/著

ひとりぽっちをつくらない

コミュニティーソーシャルワーカーの仕事

地域福祉、社会福祉協議会

勝部麗子 著

体裁:A5 193頁 ISBN978-4-7935-1209-4発行年月:2016年06月 

価格:1,296円(本体:1,200円)在庫:在庫有り豊中市社会福祉協議会の勝部麗子さんが、

専門職としてのコミュニティソーシャルワーカーが誕生した経緯をふりかえりつつ、「制度の狭間」

といわれる課題への支援のあり方やコミュニティソーシャルワーカーの役割について、事例を

交えて解説します。

第1部 コミュニティーソーシャルワーカーの仕事が生まれるまで

第1章 新人だったころの私

第2章 介護者の会から学んだこと

第3章 転機は阪神・淡路大震災

第4章 埋もれていた地域の課題

第5章「制度の狭間」の問題を解決する

第6章 町が優しくなっていく

 第2部 福祉との出会い

第1章 福祉への関心の高まり

第2章「制度の狭間」に出会う 

 第3部 地域の課題を解決していく

第1章 ごみ屋敷は社会的孤立の象徴

第2章 ひきこもり支援―1人ひとりに役割がある

第3章 若年性認知症と家族への支援

第4章 8050問題

第5章 高次脳機能障害

第7章 被災地から被災地へ

第8章 子育て支援―2つの貧困

第9章 孤独死対策への挑戦―扉の向こう

第10章 マイノリティへの支援 

 第4部コミュニティーソーシャルワーカー7つの特性

第1章コミュニティーソーシャルワーカー7つの特性 

 

改定 福祉の「職場研修」マニュアル

改定

管理者、研修担当者必携の職場研修マニュアル

改訂 福祉の「職場研修」マニュアル 宮崎民雄/監修

改訂 福祉の「職場研修」マニュアル

~福祉人材育成のための実践手引~

社会福祉一般

宮崎民雄 監修 社会福祉法人全国社会福祉協議会 編

体裁:A4 115頁 978-4-7935-1208-7発行年月:2016年06月  価格:1,404円(本体:1,300円)

在庫:在庫有り 職員の資質向上・人材育成のための必須要件である「職場研修」を計画化・体系化し、

さらに効果をあげるための具体的な手引書です。施設や社協等各方面で20年間活用されてきた

旧マニュアルを、本会が開発した「福祉職員キャリアパス対応生涯研修課程」に即した観点から大幅に

改訂しました。内容は「基礎編」と「実践編」の2部構成で、「実践編」では職場研修のPDCAサイクルに

そって、25のステップを設定し、職場の現状に合わせて、順々にステップアップできます。

職場と個人それぞれの研修計画や、実施・評価をすすめる実用的なモデルシートも収録しました。

はじめに

本マニュアルの活用にあたって

社会人として学ぶことの意義-4つの輪 

 基礎編 職場研修の考え方 

 実践編 職場研修推進の実際

 第1章 職場研修の実施体制を整える 

第2章 年度研修計画を策定する 

第3章 OJTを推進する 

第4章 OFF-JTを推進する 

第5章 SDSを推進する

 第6章 職場研修を評価・確認し、処置・フォローする

 

 モデルシート

2015年の福祉動向をまとめてとらえる資料集

2015福祉動向資料集

2015年度の福祉動向をまとめてとらえる資料集

社会福祉関係施策資料集34 『月刊福祉』編集部/編

社会福祉関係施策資料集34

『月刊福祉』増刊号

公的扶助、通達、答申・資料集

『月刊福祉』編集部 編

体裁:B5 214頁 発行年月:2016年05月  価格:1,728円(本体:1,600円)在庫:在庫有り

2015年度の福祉関連の制度改正の概要や審議会の報告書、

社会保障制度改革に関連する資料を収録!

今後の福祉を考えるための資料集!

 【1.社会保障・財政・税制】

・経済財政運営と改革の基本方針2015~経済再生なくして財政健全化なし~〔閣議決定〕

・平成28年度予算の編成等に関する建議〔財政制度等審議会〕

・平成28年度予算編成の基本方針〔閣議決定〕

・平成28年度税制改正大綱〔自由民主党・公明党〕 

 【2.地方分権改革】

・まち・ひと・しごと創生総合戦略の変更について(「まち・ひと・しごと創生総合戦略2015改訂版」の

全体像)〔閣議決定〕 

 【3.規制改革・行政改革】

・規制改革実施計画〔閣議決定〕

・一億総活躍社会の実現に向けて緊急に実施すべき対策~成長と分配の好循環の形成に向けて~

〔一億総活躍国民会議〕 

 【4.地域福祉】

・誰もが支え合う地域の構築に向けた福祉サービスの実現~新たな時代に対応した福祉の提供ビジョン~

〔厚生労働省 新たな福祉サービスのシステム等のあり方検討プロジェクトチーム〕

 【5.障害者福祉】

・障害者差別解消法 福祉事業者向けガイドライン~福祉分野における事業者が講ずべき障害を理由と

する差別を解消するための措置に関する対応指針~〔厚生労働大臣決定〕

・障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律 及び児童福祉法の一部を改正す

る法律案要綱〔第一九〇回国会(常会)提出法律案 閣第三九号〕 

 【6.子ども・家庭福祉】

・社会保障審議会児童部会 児童虐待防止対策のあり方に関する専門委員会(報告書)

・保育の担い手確保に向けた緊急的な取りまとめ〔保育士等確保対策検討会〕

・社会保障審議会児童部会 新たな子ども家庭福祉のあり方に関する専門委員会 報告(提言)

・待機児童解消に向けて緊急的に対応する施策について〔厚生労働省〕 

 【7.高齢者】

・療養病床・慢性期医療の在り方の検討に向けて~サービス提供体制の新たな選択肢の整理案につい

て~〔療養病床の在り方等に関する検討会〕 

 【8.社会福祉法人】

・社会福祉法(抜粋、平成29年4月1日施行分〔平成28年法律第21号〕

社会福祉施設にかかわる最新データ

社会福祉施設経営管理論2016 浦野正男/編著

社会福祉施設経営管理論2016 社会福祉法人、福祉施設運営管理  浦野正男 編著

体裁:B5 407頁 ISBN978-4-7935-1199-8 発行年月:2016年02月  価格:2,592円(本体:2,400円)在庫:在庫有り

施設長をはじめとする管理者が社会福祉施設を経営するうえで知っておきたい法制度、サービス提供管理、人事・労務管理、

情報管理などについて、わかりやすく解説した最新版テキスト。

 

□本書の特徴

◆経営管理の基礎を学べる 

◆具体的でわかりやすい

 ・事例を多くとりあげているので、具体的でわかりやすい内容

   ・2015年版に最新情報を追加

◆各分野の専門家が執筆

 

 第1章 社会福祉法人と社会福祉施設

  第1節 社会福祉法人の意義と役割

  第2節 社会福祉施設の使命(社会的役割)

  第3節 社会福祉施設の概況と推移

 第2章 社会福祉施設経営管理の基礎

  第1節 社会福祉法人・施設の経営管理

  実践事例1 「SWOT分析」に基づく環境特性分析と中期経営計画策定

  第2節 問題解決とモチベーション

  第3節 組織におけるリーダーシップ

 

 第3章 社会福祉施設のサービス管理

  第1節 サービス管理の必要性と検討の枠組み

  第2節 福祉サービスとマーケティング

  第3節 福祉サービスの品質マネジメント

 実践事例2 ISOの取り組み

  第4節 リスクマネジメントとサービス管理

  実践事例3 リスクマネジメントの取り組み

  第5節 福祉サービスの評価

  第6節 社会福祉施設における契約

  第7節 社会福祉施設における権利擁護

  実践事例4 苦情解決の取り組み~第三者委員と介護オンブズマン~

 第4章 社会福祉法人・施設の人事・労務管理

  第1節 社会福祉法人・施設の人事管理

  第2節 社会福祉法人・施設における職員研修

  実践事例5 人事管理・人材育成の取り組み

  第3節 福祉施設の労務管理

  

 第5章 社会福祉施設の会計管理と財務管理

  第1節 社会福祉施設の会計管理と財務管理

  実践事例6 管理会計と財務分析の事例

 

 第6章 社会福祉施設の情報管理

  第1節 利用者情報の保護(個人情報・プライバシー情報の保護)

  第2節 公益通報者保護の仕組み

  実践事例7 社会福祉法人の公益通報制度の取り組み

  第3節 情報にかかわる法的課題

  第4節 広報活動

   実践事例8 広報活動の実際

 第7章 社会福祉施設の施設整備管理と福祉用具

  第1節 社会福祉施設の整備助成制度

  第2節 社会福祉施設の建物・設備管理

  第3節 福祉用具の活用と維持管理

社会就労センターハンドブック

社会就労センターハンドブック

社会就労センター(SELP)を知る一冊!

改訂 社会就労センターハンドブック 全国社会就労センター協議会/編

改訂 社会就労センターハンドブック 障がい者福祉

全国社会就労センター協議会 編

体裁:B5 340頁  発行年月:2015年05月  価格:3,456円(本体:3,200円) 本書は、2001年に全国社会就労センター協議会が刊行した『社会就労センターハンドブック』に、社会福祉制度改革の状況に加え、この間の全国社会就労センター協議会の取り組みを含め、最新の状況を整理したものです。

  障害者を取り巻く状況が大きく変化し、障害者の「働く・くらす」を支える社会就労センターの役割・責務が増大しているなかで、社会就労センター職員の役割・責務を再認識するためにも、本書をご活用ください。

改訂 社会就労センターハンドブックをカゴに入れる

第1章 社会就労センターの沿革と機能

  1、授産施設の沿革

  2、全国社会就労センター協議会の役割―設立の経緯と組織

  3、日本セルプセンターの役割

  4、各種障害福祉サービス事業の現状と機能

  5、社会福祉制度改革に取り組む全国社会就労センター協議会

 第2章 支援の方針とその方法

  1、利用者の権利擁護と支援

  2、障害者支援の基本的な考え方

  3、支援・援助の具体的方法

 第3章 経営方針とその管理

  1、経営の原則

  2、施設・設備の管理および整備

  3、サービス利用計画と個別支援計画

  4、運営規程とサービス利用計画

  5、人事・労務管理

  6、職員の力を引き出すキャリアアップ

  7、労働安全衛生

  8、財務・会計管理

  9、地域との関係

 第4章 販売・生産管理

  1、業種別作業形態

  2、生産管理

  3、作業環境改善

  4、販売管理

 資料1 全国社会就労センター協議会運営内規

 資料2 全国社会就労センター協議会倫理綱領

 資料3 全国社会就労センター協議会セルプ協加入のおすすめ

 資料4 日本セルプセンター加入のご案内

社会福祉関係施策資料集33

社会福祉関係施策資料集33

2014年度の福祉動向をまとめてとらえる資料集

社会福祉関係施策資料集33  『月刊福祉』編集部/編

体裁:B5 265頁 発行年月:2015年05月  価格:1,728円(本体:1,600円) 2014年度の福祉関連の制度改正の概要や審議会の報告書、社会保障制度改革に関連する資料を収録!今後の福祉を考えるための資料集!

【1.社会保障・財政・税制】

・経済財政運営と改革の基本方針2014~デフレから好循環拡大へ~〔閣議決定〕

・地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律(概要)

・法人税の改革について〔税制調査会〕

・地域における医療及び介護を総合的に確保するための基本的な方針〔医療介護総合確保促進会議〕

・平成27年度予算の編成等に関する建議(抜粋)〔財政制度等審議会〕

・地域医療連携推進法人制度(仮称)の創設及び医療法人制度の見直しについて〔医療法人の事業展開等に関する検討会〕

 【2.地方分権改革】

・平成26年の地方からの提案等に関する対応方針(抜粋)

・厚生労働省まち・ひと・しごと創生サポートプラン~頑張る地方を応援します~〔まち・ひと・しごと創生政策検討推進本部〕

 【3.規制改革・行政改革】

・規制改革実施計画(抜粋)〔閣議決定〕

・保育分野に関する調査報告書について(概要)〔公正取引委員会〕

・介護報酬改定における介護職員の処遇改善と社会福祉法人の在り方〔行政改革推進会議「秋のレビュー」〕

 【4.高齢者福祉】

・今後の認知症高齢者等の行方不明・身元不明に対する自治体の取組の在り方について(通知)〔厚生労働省老健局〕

・平成27年度介護報酬改定に関する審議報告〔社会保障審議会介護給付費分科会〕

・認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて~〔厚生労働省〕

 【5.障害者福祉】

・改正障害者雇用促進法に基づく差別禁止・合理的配慮の提供の指針の在り方に関する研究会報告書

・長期入院精神障害者の地域移行に向けた具体的方策の今後の方向性〔長期入院精神障害者の地域移行に向けた具体的方策に係る検討会〕

・今後の障害児支援の在り方について(報告書)~「発達支援」が必要な子どもの支援はどうあるべきか~〔障害児支援の在り方に関する検討会〕

・障害を理由とする差別の解消に関する基本方針〔閣議決定〕

 【6.子ども・家庭福祉】

・「放課後子ども総合プラン」について(通知)〔文部科学省・厚生労働省〕

・子供の貧困対策に関する大綱~全ての子供たちが夢と希望を持って成長していける社会の実現を目指して~〔閣議決定〕

・保育士確保プラン〔厚生労働省〕

・少子化社会対策大綱~結婚、妊娠、子供・子育てに温かい社会の実現をめざして~〔閣議決定〕

 【7.人材確保】

・福祉人材確保対策検討会における議論の取りまとめ

 ・外国人介護人材受入れの在り方に関する検討会 中間まとめ

 ・2025 年に向けた介護人材の確保~量と質の好循環の確立に向けて~〔社会保障審議会福祉部会福祉人材確保専門委員会〕

変革のなかの福祉施設長

変革のなかの社会福祉施設長

社会福祉法人の変革が進むいま、福祉施設長を問う!

全社協ブックレット(6)変革のなかの福祉施設長 全国社会福祉協議会/編

体裁:A5 126頁 発行年月:2015年05月  価格:756円(本体:700円)

●第189回通常国会に提出された「社会福祉法等の一部を改正する法律案」は、社会福祉法人制度について経営組織のガバナンスの強化、事業運営の透明性の向上などの改革をすすめ、福祉サービスの供給体制の整備および充実を図ることを目的としています。

 ●本書は、平成27年3月13日に「福祉施設長のあり方に関する検討会」(委員長:潮谷義子 日本社会事業大学理事長)がとりまとめた報告書の全文をはじめ、有識者による福祉施設長への提言、制度改革にかかる関連資料を掲載しています。

●社会福祉法人のあり方が大きく変化するなかにあって、福祉施設長がもつべき姿勢や態度、役割等、「めざす福祉施設長像(人材イメージ)」が考察できます。

はじめに

第Ⅰ部「福祉施設長のあり方に関する検討会」報告書 全文

 第Ⅱ部 福祉施設長専門講座特別講義抄録「変革の中の施設長」潮谷義子 

 第Ⅲ部 私たちが語る福祉施設長(日本福祉施設士会会報「論点・福祉施設長」より再録)

●対談「施設長は何を残して、何を受け継ぐのか」   阿部志郎 vs 時田 純

●第36回全国福祉施設士セミナーシンポジウム「福祉施設長の専門性とこれからの施設長」  潮谷義子、武居 敏、髙橋 紘、渋谷篤男

●インタビュー「福祉の本質を見失わず、職場のリーダーとして」 橋本泰子

●インタビュー「子どものまなざしから学んだ、施設長のあり方」 今井和子

 資料編

●「社会福祉基礎構造改革について(中間まとめ)」(中央社会福祉審議会社会福祉構造改革分科会 平成10年6月17日)

●「社会福祉法人の現状と課題―新たな時代における福祉経営の確立に向けての基礎作業―」概要(社会福祉法人経営研究会 平成18年8月11日) 

介護実習テキスト改定版

介護実習テキスト

公益社団法人日本介護福祉士会 編

体裁:B5 260頁 ISBN978-4-7935-1166-0

発行年月:2015年04月  

価格:2,592円(本体:2,400円)

「介護実習」を指導する社会福祉施設などの実習指導者が、介護福祉士を養成するうえで必要な専門的知識や指導方法などについてわかりやすく解説したテキストです。制度改正などの現状をふまえ前版を改訂し、より学習しやすいように再構成し、さらに指導方法などの資料を増補しています。各実習施設や事業所等において、是非本書をご活用ください。

第1章 介護の基本と実習指導者に対する期待 
 第1節 介護の概要 
 第2節 介護福祉士に求められること 
 第3節 介護に関する法・制度と介護福祉士 
 第4節 主体的な学習者を育てるために 
 第5節 実習指導者に対する期待 
第2章 実習指導の理論と実際 
 第1節 介護実習の意義と目的 
 第2節 養成カリキュラムにおける介護実習のねらいと位置づけ 
 第3節 実習指導者の役割 
 第4節 介護福祉士養成施設との連携、共通理解の形成 
第3章 実習指導の方法と展開 
 第1節 実習受け入れの準備 
 第2節 個人情報保護等の対応 
 第3節 実習指導の流れ 
 第4節 施設・事業所の実習指導の特徴 
 第5節 実習指導計画の作成と展開 
 第6節 実習指導のポイント 
 第7節 実習指導における課題への対応 
第4章 実習スーパービジョンの意義と活用および学生理解 
 第1節 実習におけるスーパービジョン 
 第2節 学生の理解とスーパービジョン 
第5章 介護過程の理論と指導方法 
 第1節 介護過程の意義と目的 
 第2節 介護過程の展開方法 
 第3節 実習生への指導にあたって 
資料編 
・公益社団法人日本介護福祉士会都道府県支部一覧 
・社会福祉士及び介護福祉士法(抜粋) 
・介護福祉士の資格取得方法(図) 

全社協ブックレット(5)社会保障審議会福祉部会報告書を読む

全社協ブックレット(5)社会保障審議会福祉部会報告書を読む

社会福祉法人制度改革はどうなる? 

全社協ブックレット(5)社会保障審議会福祉部会報告書を読む 
全国社会福祉協議会/編

体裁:A5 240頁 ISBN978-4-7935-1156-1
発行年月:2015年03月 
価格:918円(本体:850円)

社会福祉法人はこれまでどんな役割を果たしてきたのか?
2015年2月12日、社会保障審議会福祉部会は、今後の社会福祉法人のあり方について、法人制度の大きな改革を伴う内容を盛り込んだ報告書を公表しました。

本書は、社会福祉法人の内部留保への批判と、他の組織とのイコールフッティングを求めることへの反論をまとめました。さらに、情報開示による社会へのアピール、公益的な活動への取り組み、行政との関係など社会福祉法人活動のこれからを展望します。

社会が大きく変わるなか社会福祉法人に求められる役割を確認するためにも、全ての社会福祉法人関係者に読んでいただきたい一冊です。

Ⅰ てい談 これからの社会福祉法人を考える
 ①社会福祉法人は、これまで何をしてきたのか
 ②内部留保とイコール・フッティングへの反論
 ③情報開示によるアピール
 ④公益的な取組とは
 ⑤行政との関係
 ⑥これからの展望

 Ⅱ 社会保障審議会福祉部会報告書~社会福祉法人制度改革について~
  はじめに
  1 総論
  2 社会福祉法人制度の見直しについて
  3 社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直しについて
  おわりに
  参考

〔参考資料〕
  全国厚生労働関係部局長会議資料(厚生分科会)〈抜粋〉
  Ⅲ 社会保障審議会福祉部会資料〈抜粋〉

社会福祉施設経営管理論2015

社会福祉施設経営管理論2015

社会福祉施設にかかわる最新データ

社会福祉施設経営管理論2015 武居敏/編

体裁:B5 404頁 ISBN978-4-7935-1154-7
発行年月:2015年02月 
価格:2,592円(本体:2,400円)
施設長をはじめとする管理者が社会福祉施設を経営するうえで知っておきたい法制度、サービス提供管理、人事・労務管理、情報管理などについて、わかりやすく解説した最新版テキスト。

□本書の特徴

◆経営管理の基礎を学べる 
◆具体的でわかりやすい
 ・事例を多くとりあげているので、具体的でわかりやすい内容
 ・2014年版に最新情報を追加
◆各分野の専門家が執筆
第1章 社会福祉施設と社会福祉法人
 第1節 社会福祉施設の使命(社会的役割)
 第2節 社会福祉施設の概況と推移
 第3節 社会福祉法人の意義と役割

第2章 社会福祉施設経営管理の基礎
 第1節 社会福祉施設の経営管理
 第2節 社会福祉施設における問題解決とモチベーション
 第3節 社会福祉施設におけるリーダーシップ
  事例1 「SWOT分析」に基づく環境特性分析と中期経営計画策定

第3章 社会福祉施設のサービス管理
 第1節 サービス管理の必要性と検討の枠組み
 第2節 福祉サービスとマーケティング
 第3節 福祉サービスの品質マネジメント
 第4節 リスクマネジメントとサービス管理
 第5節 福祉サービスの評価
 第6節 社会福祉施設における契約
 第7節 社会福祉施設における権利擁護
  事例2 ISOの取り組み
  事例3 リスクマネジメントの取り組み
  事例4 苦情解決の取り組み~第三者委員と介護オンブズマン~

第4章 社会福祉法人・施設の人事・労務管理
 第1節 社会福祉法人・施設の人事管理
 第2節 社会福祉法人・施設における職員研修
 第3節 福祉施設の労務管理
  事例5 人事管理・人材育成の取り組み

第5章 社会福祉施設の会計管理と財務管理
 第1節 社会福祉施設の会計管理と財務管理
  事例6 管理会計と財務分析の事例

第6章 社会福祉施設の情報管理
 第1節 利用者情報の保護(個人情報・プライバシー情報の保護)
 第2節 公益通報者保護の仕組み
 第3節 情報にかかわる法的課題
 第4節 広報活動
  事例7 社会福祉法人の公益通報制度の取り組み
  事例8 広報活動の実際

第7章 社会福祉施設の施設整備管理と福祉用具
 第1節 社会福祉施設の整備助成制度
 第2節 社会福祉施設の建物・設備管理
 第3節 福祉用具の活用と維持管理

全社協ブックレット(3) 問い直される社会福祉法人

全社協ブックレット(3) 問い直される社会福祉法人

全社協ブックレット(3)問い直される社会福祉法人
全国社会福祉協議会/編
社会福祉法人の在り方等に関する検討会報告書を読む
社会福祉法人、福祉施設運営管理

体裁:B5 249頁 ISBN978-4-7935-1132-5
発行年月:2014年09月 
価格:864円(本体:800円)
広くこれからの社会福祉法人について考えるきっかけとなる1冊です。

社会福祉を取り巻く環境変化とともに、社会福祉法人制度がいま問われています。本書では、2014年7月4日に厚生労働省から出された報告書「社会福祉法人制度の在り方について」を、宮本太郎氏(中央大学教授)のインタビューで読み解きます。報告書全文とともに、「社会福祉法人の在り方等に関する検討会」の主要資料を掲載しています。

新版 福祉事務所ソーシャルワーカー必携

新版 福祉事務所ソーシャルワーカー必携

新版 福祉事務所ソーシャルワーカー必携 
岡部卓/著
生活保護における社会福祉実践
公的扶助、通達、答申・資料集

体裁:A5 145頁 ISBN4-7935-1130-1
発行年月:2014年07月 
価格:972円(本体:900円)
福祉事務所における相談援助活動の基本的視点、生活保護実施上のワーカーの役割、代表的な援助事例等を示した実践手引の決定版。

2013年12月の生活保護法の一部改正と新・生活困窮者自立支援法の成立を受け、加筆いたしました。
また、より理解しやすく、読みやすいように、これまでの理論編、実践編の前に「制度編」を設定して、第1章としました。
その内容は第1節には、新たな生活困窮者支援対策と生活保護制度の見直しの背景・経緯を、第2節には、生活保護法の一部改正および生活保護法の構成を取りあげました。

目次
 第1章 制度編
  第1節 新たな生活困窮者支援対策と生活保護制度の見直し
  第2節 生活保護法の一部改正
  第3節 生活困窮者自立支援法の成立
  第4節 生活困窮者自立支援法以外の低所得者対策の概要

第2章 理論編
  第1節 福祉事務所の役割と社会福祉実践
  第2節 福祉事務所における相談援助活動
  第3節 生活保護の受付段階における留意点
  第4節 生活保護の申請・決定段階における留意点
  第5節 生活保護の受給段階における留意点
  第6節 関係機関・関連専門職との連携・協働
  第7節 新任・先輩ワーカー、査察指導員それぞれの役割

第3章 実践編
  第1節 アルコール依存症者世帯への援助
  第2節 精神障害者世帯への援助
  第3節 知的障害者世帯への援助
  第4節 身体障害者世帯への援助
  第5節 ひとり親世帯への援助
  第6節 高齢者世帯への援助

社会福祉関係施策資料集32

社会福祉関係施策資料集32

2013年の福祉動向をまとめてとらえる資料集
社会福祉関係施策資料集32 
『月刊福祉』編集部/編

体裁:B5 269頁 
発行年月:2014年07月 
価格:1,728円(本体:1,600円)在庫:在庫有り2013年の福祉関連の制度改正の概要や審議会の報告書、社会保障制度改革に関連する資料を収録!
今後の福祉を考えるための資料集!

[社会保障関連]
・社会保障制度改革国民会議 報告書
・持続可能な社会保障制度の確立を図るための改革の推進に関する法律の概要

[経済財政・規制改革関連]
・財政健全化に向けた基本的考え方(抜粋)
・経済財政運営と改革の基本方針 ~脱デフレ・経済再生~(抜粋)
・日本再興戦略 –JAPAN is BACK-(抜粋)
・規制改革実施計画(抜粋)
・規制改革会議の進め方について(第13回規制改革会議)
・産業競争力会議 雇用・人材分科会 中間整理
・産業競争力会議 医療・介護等分科会 中間整理

[高齢者福祉・介護保険関連]
・生涯現役社会の実現に向けた就労のあり方に関する検討会 報告書
・都市部の強みを活かした地域包括ケアシステムの構築(都市部の高齢化対策に関する検討会 報告書)
・介護保険制度の見直しに関する意見(社会保障審議会介護保険部会)
・平成24年度 高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結果

[障害者福祉関連]
・障害者就労施設等からの物品等の調達の推進に関する基本方針
・障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律
・平成24年度 障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律に基づく対応状況等に関する調査結果

[児童福祉関連]
・子ども・子育て関連3法について(抜粋)
・「少子化危機突破」のための提案
・子どもの貧困対策の推進に関する法律(概要)
・ひとり親家庭への支援施策の在り方について(中間まとめ)
・社会保障審議会児童部会 放課後児童クラブの基準に関する専門委員会 報告書

[生活困窮・生活保護関連]
・生活困窮者自立支援法
・生活保護法改正法の概要

[その他]
・今後の次世代育成支援対策推進法について(建議)
・配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等のための施策に関する基本的な方針(概要)

よくわかる福祉政策05

よくわかる福祉政策05

 

「21世紀(2025年)日本モデル」の社会保障と社会福祉のミッション、実践、協働  
 『月刊福祉』編集部 編
体裁:B5 114頁 
発行年月:2014年02月 
価格:1,785円(本体:1,700円)
在庫:在庫有り
 ◆社会保障制度改革国民会議は、「21世紀(2025年)日本モデル」をめざし、全世代対応型の社会保障への転換を謳う報告書を取りまとめた。社会情勢や家族、コミュニティの構造的な変化のもと、社会保障はどのように変わっていくのか。人々の多様な福祉・生活ニーズに応えていくために、社会福祉はどのような役割を果たしていくべきなのか……。

◆社会福祉法人、社会福祉協議会、民生委員・児童委員等、福祉関係者がこれから果たすべき役割を考えるための一冊。

◆平成25年10月31日~11月1日に開催された「社会福祉トップセミナー」の講演、シンポジウムの全記録。 よくわかる福祉政策05をカゴに入れる (目次) 開会挨拶  高井 康行(全国社会福祉協議会副会長)

講演I 「21世紀日本モデル」の医療の展望と課題  ―社会保障制度改革国民会議報告を踏まえて  大島 伸一(独立行政法人国立長寿医療研究センター理事長・総長)

講演II 社会保障制度改革の動向と社会福祉をめぐる諸課題  古都 賢一(厚生労働省大臣官房審議官)

講演III 若者の雇用、自立支援の現状と課題  小杉 礼子(独立行政法人労働政策研究・研修機構特任フェロー)

シンポジウム 社会の変化と人々のニーズに社会福祉が応えていくために  
[シンポジスト]   辻 哲夫(東京大学高齢社会総合研究機構特任教授)   日野 博愛(全国身体障害者施設協議会会長/社会福祉法人ゆうかり学園理事長・千歳療護園施設長)   大塩 孝江(全国母子生活支援施設協議会会長/社会福祉法人倉吉東福祉会 倉明園施設長)   浦野 正男(全国社会福祉協議会政策委員会幹事/全国社会福祉法人経営者協議会総務委員長/社会福祉法人中心会理事長)   井手之上 優(全国社会福祉協議会政策委員会委員長/大阪府社会福祉協議会常務理事)  
[コーディネーター]   榊原 智子(読売新聞東京本社編集局社会保障部次長)

関係資料 社会保障制度改革国民会議報告書

 

よくわかる福祉政策04

よくわかる福祉政策04

サイズ:B5 136頁
出版社:全国社会福祉協議会出版部
発行年月:2012年12月
価格:1,785円(本体1,700円)
在庫:在庫有り

孤立、生活困窮における課題が顕在化するなか、社会福祉法人、社会福祉協議会はどう支援すべきなのか。 
現在生活困窮者の増加が大きな社会問題となっている。
政府では生活支援戦略の取りまとめをおこなっているが、この分野で重要な役割を担ってきた社会福祉法人、社会福祉協議会においても、今後どう支援していくべきなのか考える。

 目次

 開会挨拶
 小林和弘(全国社会福祉協議会副会長)

 講演Ⅰ 生活支援戦略と社会福祉関係者の責務
 古都賢一(厚生労働省社会・援護局総務課長)

 講演Ⅱ 生活保護制度見直しの動向と課題
 駒村康平(慶應義塾大学経済学部教授、社会保障審議会生活保護基準部会長 社会保障制度の低所得者対策の在り方に関する研究会座長)

 実践報告 被災地における孤立、生活困窮の課題
 【報告者】
 柏﨑きよ子(岩手県大船渡市社会福祉協議会生活支援相談員主任) 阿部由紀(宮城県石巻市社会福祉協議会災害復興支援対策課課長補佐兼仮設住宅入居者等支援事務所副所長) 鎌田光利(福島県富岡町社会福祉協議会生活支援相談員、仮設自治会長)
 【コーディネーター】
 岡部 卓(首都大学東京都市教養学部教授)

 シンポジウム 広がる孤立・生活困窮の実態と今後の課題 
 【シンポジスト】
 奥田知志(NPO法人北九州ホームレス支援機構理事長) 勝部麗子(豊中市社会福祉協議会事務局次長・地域福祉課長) 品川卓正(社会福祉法人村山苑理事長) 菊地繁信(全国社会福祉協議会政策委員会幹事、全国保育協議会副会長、社会福祉法人吹田みどり福祉会理事長)
 【コーディネーター】
 岡部 卓(首都大学東京都市教養学部教授)

2012年度版 社会福祉学習双書

2012年度版 社会福祉学習双書


社会福祉を学ぶすべての方へ、新しいテキストの決定版!
 《全16巻》 
サイズ:B5判
価格:全巻セット:38,640円

  1. 平成21年に施行された社会福祉士の新カリキュラムに完全準拠。
  2. 社会福祉系大学、社会福祉士養成施設、社会福祉主事養成機関等のテキストとしても最適。
  3. 「社会福祉援助技術論Ⅰ・Ⅱ(第9・10巻」をよりわかりやすく全面改訂。
  4. 実践的知識を盛り込んだ15冊に「社会福祉・社会保障キーワード集」をプラス(第16巻)
    ○第1巻 社会福祉概論Ⅰ (現代社会と福祉)定価2,520円
    ○第2巻 社会福祉概論Ⅱ (福祉行財政と福祉計画/福祉サービスの組織と経営)定価2,520円
    ○第3巻 老人福祉論 (高齢者に対する支援と介護保険制度) 定価2,520円
    ○第4巻 障害者福祉論 (障害者に対する支援と障害者自立支援制度)定価2,310円
    ○第5巻 児童家庭福祉論 (児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度)定価2,310円  
    ○第6巻 社会保障論 定価2,520円  
    ○第7巻 公的扶助論 (低所得者に対する支援と生活保護制度)定価2,310円  
    ○第8巻 地域福祉論 (地域福祉の理論と方法)定価2,520円  
    ○第9巻 社会福祉援助技術論Ⅰ(相談援助の基盤と専門職/相談援助の理論と方法)定価2,520円  
    ○第10巻 社会福祉援助技術論Ⅱ (相談援助の理論と方法/就労支援サービス)定価2,520円 
    ○第11巻 心理学 (心理学理論と心理的支援)定価2,310円  
    ○第12巻 社会学 (社会理論と社会システム/社会調査の基礎)定価2,520円  
    ○第13巻 法学 (権利擁護と成年後見制度/更生保護制度)定価2,310円  
    ○第14巻 医学一般 (人体の構造と機能及び疾病/保健医療サービス)定価2,520円  
    ○第15巻 介護概論 定価2,520円 
    ○第16巻 学びを深める福祉キーワード集 定価1,890円

第2版 よくわかる社会福祉施設

第2版 よくわかる社会福祉施設

教員免許志願者のためのガイドブック

サイズ:B5判 82頁
価格:630円

社会福祉施設の基本知識と介護等体験の心構えについて解説。
今日の社会福祉の変化を踏まえ、前版の文章をすべて見直し、また、これまでの写真もすべて刷 新。これから介護などを体験する方に、社会福祉施設の基本知識と心構えを身につけるための事前テキストとして活用いただける一冊。

社会福祉法人 宮城県社会福祉協議会
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-2-3
TEL 022-225-8476(代表)