ホーム > 福祉の相談 > 福祉サービス第三者評価 > 福祉サービス第三者評価とは

福祉サービス第三者評価とは

社会福祉法人等の事業者が提供する福祉サービスの質について、事業者及び利用者以外の公正・中立な第三者機関が専門的かつ客観的な立場から行う評価です。

法的根拠 社会福祉法第78条

社会福祉事業の経営者は、自らその提供する福祉サービスの質の評価を行うことその他の措置を講ずることにより、常に福祉サービスを受ける者の立場に立って良質かつ適切な福祉サービスを提供するよう努めなければならない。

全国社会福祉協議会ホームページ/「福祉サービス第三者評価

福祉サービス第三者評価の目的

○サービスの質の向上

評価を受けることで、事業者は自ら個々の抱える課題を具体的に把握でき、サービスの質の向上へ向けて取り組むために評価機関が支援します。

○利用者への情報提供

評価結果を公表することで、利用者が自分のニーズに適した事業所を選択するために有効な情報を提供します。

福祉サービス第三者評価の効果

福祉サービス第三者評価はあくまでも任意ですが、受審することでこんな効果(メリット)があります。

○現在のサービスの改善点が明らかになります。  
○サービス向上への具体的な目標が立てられるようになります。  
○利用者さん(ご家族)の事業所の満足度が聞けます。  
○職員の気づき・意欲・チームワーク力がUPします。   
○評価結果が公表されるので、事業所の特徴をPRできます。  
○サービス向上に積極的な事業所として、利用者の皆さんや地域からの信頼度がUPします。

社会福祉法人 宮城県社会福祉協議会
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-2-3
TEL 022-225-8476(代表)