ホーム > 新着情報 > 東日本大震災の被災者に関する生活福祉資金の貸付について

新着情報

東日本大震災の被災者に関する生活福祉資金の貸付について

 当面の生活費等を必要とする方について,宮城県社会福祉協議会が実施する生活福祉資金貸付制度を御紹介いたします。

1 生活復興支援資金の新設について

 厚生労働省においては,今般の東日本大震災により被災した低所得世帯に対する貸付けについて,新たな特例措置として生活復興支援資金を新設しました。(※内容については以下のPDFファイルをご覧ください)

 宮城県社会福祉協議会は,7月下旬からの貸付開始に向けて準備を進めており,準備が整い次第,改めてお伝えします。
 なお,生活復興支援資金の貸付を開始するまでの間は,以下の現行の貸付資金を利用いただけますので,御相談ください。

2 総合支援資金

貸付対象

収入の減少や失業等により生活に困窮し,日常生活の維持が困難となった低所得世帯 
 ⇒詳しい条件については,以下のPDFファイルをご覧ください。

資金の内容

  • 生活支援費 (生活再建までの間に必要な生活費用)
    貸付限度額:(二人以上の世帯)月額 20万円以内,(単身世帯)月額 15万円以内
    ※貸付期間はいずれも12か月以内
  • 住宅入居費 (敷金,礼金等住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用)
    貸付限度額:40万円以内
  • 一時生活再建費 (転居費用,家具什器費,滞納している公共料金等の立て替え費用等)
    貸付限度額:60万円以内

据置期間

最終貸付日から6か月以内(住宅住居費及び一時生活再建費については,生活支援費とあわせて借りる場合は、生活支援費の最終貸付日から6か月以内)

償還期限

据置期間経過後20年以内

貸付利子

連帯保証人を立てる場合は無利子。連帯保証人を立てない場合は据置期間経過後年1.5%

3 福祉資金

貸付対象

低所得世帯,障害者世帯,高齢者世帯(日常生活上療養又は介護を要する高齢者が属する世帯)

資金の内容

  • 住宅の増改築,補修等及び公営住宅の譲り受けに必要な経費
    貸付限度額:250万円以内 償還期限:7年以内
  • 災害を受けたことにより臨時に必要となる経費(家具什器費)
    ※被害の程度が「災害弔慰金の支給等に関する法律」に基づく災害援護資金の貸付対象とならない場合についてのみ貸付対象となります。
    貸付限度額:150万円以内 償還期限:7年以内
  • 住居の移転等,給排水設備等の設置に必要な経費
    貸付限度額: 50万円以内 償還期限:3年以内

据置期間

貸付日(分割による交付の場合には最終貸付日)から6か月以内

貸付利子

連帯保証人を立てる場合は無利子。連帯保証人を立てない場合は据置期間経過後年1.5%

4 問合せ先

宮城県社会福祉協議会

022-225-8478

各市町村社会福祉協議会

※貸付の際の相談,申込書等の受付は,お住まいの各市町村の社会福祉協議会が行います。

社会福祉法人 宮城県社会福祉協議会
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-2-3
TEL 022-225-8476(代表)